スマホカメラは手軽さではデジタル一眼(デジイチ)に勝りますが、やはり限界があると思います。これはつまり、撮れるものと、撮れないものとがあるということです。スマホで撮れる写真のほとんどはデジイチでも撮れるのですが、デジイチで撮れる写真の一部しかスマホでは撮れないのです。スマホでうまく撮影するには、どういう写真なら撮れるのか、スマホカメラの限界を知っておくことが大事です。コンパクトデジカメには追いついたと言われているスマホカメラですが、スマホカメラの限界の原因はレンズにあります。デジイチはレンズを交換できます。被写体や状況に応じて広角から望遠までレンズを替えることができるのです。一方、スマホカメラはレンズ交換ができません。これは形状を見てもわかるでしょう。しかも致命的なことに、ズームもありません。現在のスマホのほとんどが単焦点レンズなのです。デジタルズームの機能はついていますが、もとの写真の一部分を拡大しているだけですから、レンズによるズームではないのです。ですから光学ズームはないと考えていいのです。そして、レンズは広角レンズです。「スマホカメラ=広角レンズしかないカメラ」ということを念頭に置いて撮影することが大事なのです。

Leave a Reply