Archive for 9月 2015

フジテレビのドラマ、ヒーローが映画化され、角野卓造の娘が「やっぱりあの人だった!!」と大きな話題になっていましたね^^この映画を観た人なら、このハナシはうんうん!と言えそうですが、私には実際はわからず仕舞。。でも、やっぱりお笑いコンビハリセンボンの近藤春菜なんでしょ?^^だってドコモのスマホのコマーシャルであんなにどうどうと「いや、家族だ」って角野卓造が言っていますからね^^あのコマーシャル、反響がすごいそうですよ。ドコモのプロモーション部の方の話しでは、「“牛乳を飲んでて噴きそうになった”とか“爆笑必至!”“腹がよじれた!”などという声をいただいてます」と。そこまで爆笑とはいきませんでしたが、日本中がそうねそうね^^と納得したことでしょう。角野卓造も近藤春菜も、コマーシャル出演のオファーには快諾したとか。多分、映画ヒーローが公開を終え、親子役であったことが映画でネタバレしたことで^^今回、このようなコマーシャルになったんでしょうね。

例えば何故Android端末を使っているのかということですが、よく言われるのがなんとなく使っているのがAndroidユーザーで熱烈なiPhoneユーザーとはユーザー気質が違っているということです。言い切ると語弊があるのですが、恐らくこの言い方は的をえていると言えるでしょう。今回はiPhone6sと6sPlusという新機種が出ましたが10万円前後という値段になりました。Android端末でもハイエンドになるとこのくらいの価格帯はざらにあります。これはそれだけの機能を欲しているヘビーユーザー向けであるのは間違いありません。その一方で格安スマホという2万円、3万円で購入できるスマホもあります。これは新機種、新品でいうとiPhoneには考えられないことです。それほどiPhoneはブランドにこだわってきたアップルの戦略商品といえるのですが、いずれにしても一社のみでの販売です。いっぽうのAndroid端末は多くのメーカーが参入しています。そのためあらゆる面で競争が発生していて、それがスマホの性能を日々高めていく結果となっているのです。それとAndroidのほうが緩いスタンスで仕様が決まっているので、ハードウェアにしてもソフトウェアにしても自由度が高いというところがメリットとしてあげられるでしょう。アプリもAndroidのほうが格段に自由度が高いです。

格安スマホ、そして格安SIMにどのような違いがあるでしょうか。スマホでインターネットの通信をする為には、 SIMカードが必要と言うことは既に多くの人たちが理解していることと思いますが。
スマートフォン一台に対してSIMカードが一個必要なのです。SIMカードの中にこそ、 契約情報、電話番号、通信会社などの情報がギッシリと詰まっているのです。
格安スマホと言われるものは、SIMカードとセットで販売し、 ユーザーにとってとても安価で提供してくれています。
昔から安いものに良品はないとも言われていますが、実際に現在の格安スマホは全然そういうこともないようです。みなさんがしっかり格安スマートフォンに目を向ければ、今までいかにスマートフォンに対して無駄なお金を使用していたかと言うことが判って来る筈です。
スマートフォンの世界は判りづらいです。ただし、知っている人たちほどスマートフォンは得する世界です。しっかり勉強しましょう。
スマホ情報まとめ

スマホカメラは本当に便利で、いつどんな時でも、すぐに写真や動画撮れますよね?
ここ数年、ニュースなどで一般の人が撮影した写真や動画を使うことが本当に増えたと思います。
それだけ多くの人が色々なものを撮り、保存ができるようになったのは、素晴らしいことなのですが、一部の人間が悪用することにより、犯罪に使われてしまうのは本当に悲しいことです。
そんな中、微妙な物を見つけてしまいました。
それは「忍者カメラ」というものです。
普通、スマホカメラはシャッター音が鳴るように出来ていて、盗撮などの犯罪に使えないよう、工夫がされているのですが、これはシャッター音が「無音」で撮れてしまうものなのです。
眠っている赤ちゃんや、音に敏感なペット、音と立ててはいけない場所などでの撮影に適しているというのですが、やはり懸念される「盗撮」には使わないで下さいと書かれています。
まるで、使ってくださいと言わんばかりに・・・。
シャッター音が鳴るように出来ていても、スマホでの盗撮は無くならないのに、無音のカメラがあったら、使われるのは当然のことですよね?
眠っている赤ちゃんや、音に敏感なペットは、撮らなければいいし、どうしても撮りたいならデジタルカメラでいいんじゃないでしょうか?

スマホ カメラにおいて私達は真剣に考えていかなければならない問題があるのではないでしょうか。スマホのカメラがここにいつでもあるからどんどん盗撮の率が高まっている事実があります。
スマホ カメラがここにあるから、いいタイミングで思い出を作ることが出来る為にカメラが存在しているだけではありません。カメラがここにあるから写しては駄目というシーンでもつい撮りたい欲求が生まれて来てしまうことになります。
スマホのメーカーの猫にも杓子にもカメラを持つことを許可して、後は犯罪を起こそうが後はみなさんの責任だと言ういい方は取りようによっては酷という気がしないではありません。
スマホにシャッター音を付けられていることは、メーカーの配慮と捉えるべきかもしれません。しかしシャッター音を消すアプリが登場し、それを使用しても法律的に罰されると言うことではありません。
シャッター音があり、シャッター音を消すことが出来るアプリがあり、もともとシャッター音がないよりも盗撮したい人たちを限りなく刺激して行ってしまうのではないでしょうか。そもそも多くの人たちが盗撮など重罪と感じていないのです。
さりげなく出来てしまい、かつ段々と重罪化されて来たものが恐るべき盗撮です。

iPhone6sの発売日が近づいてきました。事前予約はしていても発売日当日に入手できるかどうかはわかりません。発売日にゲットできるのは予約者全員とは限らないのです。ゲットできれば運がよく、ゲットできなくて当たり前の世界なのかもしれません。しかしブロガーを始め話題作りをしたい人は当日のゲットにこだわることでしょう。そうなるとどういった方法が発売日に確実にゲットできるのか調べてみました。多くの人はキャリアで事前予約をしていると思います。店頭予約もそうですし、オンライン予約も然りでしょう。もっとも場合によっては事前予約ができなかったり受付を締め切った。今の予約ではいつ入手になるかわからないという事態もあります。これは早めに予約していた人よりも後から予約した人のほうがゲットできるという弊害をなくすための処置でもありますし、予約者が想定の範囲を超えた場合に予約打ち切りをする場合があるのです。また、オンライン予約の場合は自宅に届くので発売日当日のゲットは少なくともないと考えていいでしょう。そうなると事前予約というのはあきらめて前日あるいはその前からAppleストアに並ぶことです。当日の朝では恐らく遅いでしょう。前日の朝から並ぶ勢いが大切ですし、この場合でも事前予約は済ませておくことが保険の意味でも大事となります。

やっぱりドコモ スマホと言う人たちが多いのです。ドコモスマホに一体どのような魅力があると言うのでしょうか。ただ今までdocomoだからdocomoと言うことでなく、どのスマホが一番みなさんにとって使いやすいかということにメリットを追求していただきたいと思います。キャリアが提供するポイントプログラムをどの程度重視するかという問題は、人によって思いは様々でしょうが、重視している人たちにとって、(クレジットカード、Gポイントをドコモポイントに移行し、携帯を無料)大きなメリットがここにあります。
ポイント還元率がauやSoftBankと比較してかなり高いということに注目をしていただきたいと思います。DCMXゴールドカードを持っている場合、 1%程度の還元率だったものが、docomoで最大10%にまで期待出来たりします。ポイントは税抜き価格への適用と言うのもdocomoに感じる小さなメリットと言うことになります。テザリングオプションが不要というのもメリットと思いますが。
http://www.samsung.com/jp/contents/guide/good-choice-smartphone.html

ソフトバンクが「Apple Watch」販売店を全国360カ所に拡大しています。9月10日に発表がありました。これまでは全国でも店頭販売は2店舗ということで、本気で売りたいのかネット販売のみで行くのかわからない状態でした。もっともiPhoneの売れ行き好調とは裏腹にアップルウォッチは全く売れて以内という現状があるのだと思います。6sの予約状況も好調であれば、アップルウォッチが売れる必要はそれほど高くないというのが現状でしょう。画面の小ささを考えたら使う機能は限られること、耐久性に難があることなど、スマートウォッチなどれでも似たような問題点なのですが、アップルウォッチを持つということはそれだけでステータスになるので、壊れるなどということは利用者にとってはあってはならないことでそれがアップルウォッチを所有するための足枷になっているとの調査結果もあります。アップルウォッチを販売しているのがソフトバンクのみであるということを考えれば、6sの追い風も借りながらここで売り上げを一気に伸ばしたいというソフトバンクの考えが透けて見えるようです。可能性を秘めた次世代の端末になりえるアップルウォッチですから、ここで一気に拡販となるように祈りたいものです。

ソフトバンクが「Apple Watch」販売店を全国360カ所に拡大しています。9月10日に発表がありました。これまでは全国でも店頭販売は2店舗ということで、本気で売りたいのかネット販売のみで行くのかわからない状態でした。もっともiPhoneの売れ行き好調とは裏腹にアップルウォッチは全く売れて以内という現状があるのだと思います。6sの予約状況も好調であれば、アップルウォッチが売れる必要はそれほど高くないというのが現状でしょう。画面の小ささを考えたら使う機能は限られること、耐久性に難があることなど、スマートウォッチなどれでも似たような問題点なのですが、アップルウォッチを持つということはそれだけでステータスになるので、壊れるなどということは利用者にとってはあってはならないことでそれがアップルウォッチを所有するための足枷になっているとの調査結果もあります。アップルウォッチを販売しているのがソフトバンクのみであるということを考えれば、6sの追い風も借りながらここで売り上げを一気に伸ばしたいというソフトバンクの考えが透けて見えるようです。可能性を秘めた次世代の端末になりえるアップルウォッチですから、ここで一気に拡販となるように祈りたいものです。

ソフトバンクが「Apple Watch」販売店を全国360カ所に拡大しています。9月10日に発表がありました。これまでは全国でも店頭販売は2店舗ということで、本気で売りたいのかネット販売のみで行くのかわからない状態でした。もっともiPhoneの売れ行き好調とは裏腹にアップルウォッチは全く売れて以内という現状があるのだと思います。6sの予約状況も好調であれば、アップルウォッチが売れる必要はそれほど高くないというのが現状でしょう。画面の小ささを考えたら使う機能は限られること、耐久性に難があることなど、スマートウォッチなどれでも似たような問題点なのですが、アップルウォッチを持つということはそれだけでステータスになるので、壊れるなどということは利用者にとってはあってはならないことでそれがアップルウォッチを所有するための足枷になっているとの調査結果もあります。アップルウォッチを販売しているのがソフトバンクのみであるということを考えれば、6sの追い風も借りながらここで売り上げを一気に伸ばしたいというソフトバンクの考えが透けて見えるようです。可能性を秘めた次世代の端末になりえるアップルウォッチですから、ここで一気に拡販となるように祈りたいものです。