お子さんをお持ちの方であれば、スマホを使う機会も非常に多いのではないでしょうか。お子さんのちょっとした表情や遊んでいる姿、イベントごとの雄姿などをカメラに収めておきたいというのは親御さんの願いであるに違いありません。そんなお父さんお母さんのために、スマホカメラの使い方のコツをご紹介します。まずは露出補正です。難しそうに感じますが、操作はとても簡単です。逆光での写真の場合お子さんの顔は真っ黒になってしまいます。画面をタップして太陽マークが出たら上に動かして画面全体を明るくしましょう。顔が黒くならずすみます。子供たちの表情や動きを撮るのに難しいのは子供たちがじっとしていてくれないからです。しかし連続撮影ができれば、自然でぶれない写真を撮ることができます。さらにぶれずに撮る方法としてはスマホを縦ではなくて横で使用した方が良いでしょう。カメラをしっかり両手で持てるのでぶれなくなります。加えて背景が広くなるので、写真に広がりが出るというメリットもあります。子供の目線までスマホカメラを下げてみると、また違った世界観の写真になります。こうしたちょっとしたテクニックで写真がぐっと良くなることもあるので挑戦してみてください。

今では、スマホのデーターを消去したり、初期化をしたものも復元できるようになっています。
なので、スマホもデーターを消去した初期化したからと言って安心できるものでもないようです。
よく浮気などをしてデーターを消去する人がいますが、これも安心できないものですよ。
携帯電話の復元をしている会社イースターモバイルがこのサービスを開始したそうです。
こういったサービスは、離婚問題でも活躍してきそうです。
離婚をする場合、やはり有利になるためには、証拠が必要となります。
その証拠が消されていれば、出す事もできないですよね。
しかし、このサービスを利用する事で、消された証拠もしっかりと戻す事ができるのです。
なので、消去をした事ですべて出してこられるという事なので、浮気や不倫の証拠も隠せない時代になってきました。
これが出てくれば、離婚の時にはすごくい証拠となるので、有利になるのです。
消したデーターが復元できるようになるなんてびっくりですね。
これから色々な所で、このサービスは活用されてきそうです。
会社などで、必要なデーターが消えてしまったなんて時には、このサービスは非常にありがたい事です。
さまざまな会社では大活躍しそうですね!
スマホが重いときに実践したい3ステップ | Galaxy

スマホを良く使う人必見のオススメ格安スマです。業界最安値で月額660円で使用可能!(1GB・データSIMプラン)データ通信専用にもう1台使用したい、という人にピッタリでしょう。豊富なプランが魅力のDMMmobileは、機種も豊富です。機種の料金は分割支払いも可能で月額1000円~2000円程度となっています。格安スマホの比較が盛んですが、月額千円を切るプランが多数出てきているのが最近の特徴でしょう。スマホを使ってみたい!これから始めたい!という人も気軽に始められる金額設定だといえます。また、SIMフリースマホを持っていれば来店しなくて申し込んで数日でSIMカードが届くのですぐに利用できるのもメリットと言えます。次にU-mobileですが、スマホでネットが使い放題と通話も込みのプランがなんと月額2,980円からです。これは既にスマホを使用していて格安スマホ乗り換えたい人にピッタリのプランです。U-mobileの特徴は、動作確認端末の種類が豊富なところでiPhoneにも対応している点です。スマホで動画やゲームなどデータ通信料が多い学生や社会人など、データ通信量が多いのでスマホの料金が高いと感じている人にはぜひおすすめです。また、「U-CALL」では国内通話が半額になりますから是非チェックしてください。

スマホを利用している方の多くが、写真を撮って保存していることでしょう。そうした写真の多くが、かけがえのない一瞬を記録に残したものです。たくさんの写真をショートムービーにして共有できたらいいと思いませんか?それを叶えてくれるのが、RealTimes for auというサービスです。RealTimes for auはカメラロールの中から思い出の写真や動画を自動的に組み合わせて最長3分間のショートムービーを作ることができます。自分の好きな順番にしたりBGMを加えることができたりと、好みの形にすることができます。こうした機能が無料で利用できるのがRealTimes for auの強みです。もちろんスマホだけでなく、できた動画はパソコン、タブレット、テレビでも再生可能です。自分で楽しむだけでなく、電話帳から選んだ人とメールを介さずに共有できるので、遠くにいるおじいちゃんやおばあちゃんとも一緒に動画を見ることができます。FacebookやTwitterに投稿することも可能で、みんなにお気に入りの画像を見てもらうこともできるでしょう。こうした機能が無料なのはauだけなので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

ガラケーからスマートフォンへ買い替えようとする中高年の方が増えてきているそうです。ですが、家族から「スマホは難しいし、必要ない」「キャリアを乗り換えた方が安い」などと言われ、本人も使いこなす自信がないのも手伝って断念してしまうといったケースが少なくないそう。そのような数々の不安の解決方法を提示してくれるのが、携帯ショップの店員さんです。店員さんならば、シンプルモードにできるスマートフォン端末を提案してくれたり…フリック入力や音声入力を実際に使ってもらい、文字入力に対する不安を払拭してくれたり…MNP(Mobile Number Portability:電話番号はそのままで、機種を他のキャリアに乗り換えること)だと、違約金や転出手数料、契約手数料がかかることなどを教えてくれたりするのです。料金のことは分かりづらいので、丁寧に説明してくれたら嬉しいですよね。この他にも自分の趣味に合ったスマートフォンの活用方法も提案してくれるんですよ。例えばドライブ好きな私の場合、車内で使えるカーナビ機能以外に駐車場から目的地への歩行ナビ機能などが観光地で使えると提案してくれたりします。国内のガラケーユーザーが4千万人以上いる中で、スマートフォンを上手く使いこなせるか不安な方や迷っている方にこそショップに出向き、スマートフォンの良さや楽しさを知ってもらいたいですね。
こちら

いつでもどこでも買い物をすることができるのが、インターネットでの買い物です。
有名なところだと、Amazonや楽天市場などで、利用したことがある人も多いのではないでしょうか。
どちらも同じ商品をいくつものお店で扱っているので、最安値のお店が探せることや、わざわざお店に行かなくても、重いものも家まで届けてもらえることが利点です。
スマホでの注文であれば、出先からでもどこでも注文ができるので、本当に便利です。
楽天にはないものが、Amazonの有料会員制プログラムのAmazonプライムです。年会費は3900円と一見高めですが、利用料が多い人にとってはとても魅力的なサービスです。
そのプライムの新しいサービスが「Amazonパントリー」です。
アメリカでは昨年1月からスタートしているサービスだそうで、簡単に言うと、パントリーボックスという専用の箱に商品を一つ単位で入れて行って、まとめて届けるというサービスだそうです。
一箱につき290円の取扱手数料がかかりますが、一つづつを送ってもらう送料よりはぐっと安くなりますよね。
食品や飲料、消耗品などの日用品をスーパーでカゴに入れる感覚で帰るという感じだそうで、いままで低価格の商品が複数単位でしか買えなかったことなどを解消すると言われています。
箱の大きさや重さも決まっていますが、どれくらい後はいるかは画面上に出るそうなので、一目でわかるという便利な機能も追加されました。
またAmazonのテーマごとのおすすめ商品の詰め合わせがされた「テーマボックス」というセットも発売されるそうですよ。
ますます便利になるAmazonのサービス。
プライムでは他にも、完飲になれば、映画やアニメなどが見放題のAmazonプライムビデオなどのサービスや、お急ぎ便、お届け日指定便などといったサービスを受けられるなど、特典が満載です。
もしAmazonをよく使うなら、もしかしたら会員費用を払ったほうがとっても便利でお得かもしれません。
一度どんな内容なのかAmazonのサイトでじっくり見てみてはいかがでしょうか?
スマートフォンやパソコンからストレスフリーな買い物を楽しみましょう!

スマホの機種変更組へのおすすめ設定ですが、これは新しい端末ではなく機種変更前の旧端末で設定することから始めます。まずは必要のないらないアプリをアンインストールします。旧端末で、インストールしたけど結局使わなかったなんていうアプリは新端末でも必要ありませんから最初からインストールしないように、旧端末からアンインストールしておくのです。これは、アプリのインストールリストがバックアップとしてGoogleアカウントに紐づいているため、新端末で「バックアップから復元」を行ってしまうと現在インストールされているアプリが自動でインストールされてしまうためです。次にバックアップをとってオンラインストレージにアップしておきます。現役で利用しているアプリでバックアップがとれるものは、とった後に『Dropbox』や『Googleドライブ』などにアップロードしておくのです。また、ゲームなどは、ID/PWを発行して機種変更できるものが多いので、画面をキャプチャしてアップロードしておくようにしましょう。そして何をするにもIDとパスワードは必須となっている時代ですから、スマホの機種変更前に確認しておくのは必須です。
こちら

ドコモ スマホにもちょっと深入りすれば、かなりややっこしい世界だと言うことが判ってきます。みなさん本当にそこまで理解してスマホの体験をしているのでしょうか。
3G、4G、そんなことまで知らないでもスマホ体験は出来ることは出来るのですが。でもやはり知っておきましょうよ。
3Gは第3世代移動通信システムのことであり、 4Gは第4世代移動通信システム、 3rd Generation、それは、携帯電話で使用している通信システムです。4Gに対しては現在いろいろな規格が用意されており、 LTEと言うのもその中の一つです。
そして、docomoスマホの場合、4G(LTE)がXi(クロッシィ)になります。 KDDIは4G LTEであり、SoftBankスマホの場合は、iPhoneでは、 4G LTEであり、Androidでは、 4Gです。それぞれのキャリアが個性を打ち出しするためにこのような判りづらい構図が出来上がったのか、もともとキャリア同士に互換性が存在していないのか。ややこしくてもちょっと整理をすれば、覚えるポイントはそれ程ないのですが。

日本国内で今までスマートフォンを言えば、「iPhone」という人も多いことでしょう。それでも、スマートフォンにはAndroidもあるのです。Androidは、携帯電話やスマートフォンなど、モバイル端末向けにGoogle社が開発して提供しているOSを中心にした、プラットフォームの事を指しているのです。パソコンに例えるなら、Windowsのような感じだと思って頂ければよいでしょう。たいていこうしたプラットフォームは、Windowsを開発したマイクロソフトのように開発した企業によって販売し、利益を出すようになっているのです。ですが、Androidを開発しているGoogle社では、なんと無料で提供するようにしているからこれが凄いところであり、急速に世界中に普及していったのです。もちろんこれはgoogle側の戦略でスマートフォンや携帯電話、モバイルパソコンには、Androidがほとんど搭載されているといった状態にしたいんだと思います。そのような理由で無料でAndroidが提供されているのですが、実はこのAndroidが凄く使いやすいことを受けて、日本では「iPhone」か「Android」かというような図式になっているのです。

ソフトバンクは、App StoreやiTunes Storeで利用できる「iTunes コード」を家族や友人にEメールを使って贈れるサービスを開始しました。これはソフトバンクユーザーであればiTunes コードを贈ることができますし、もらう側はソフトバンクユーザー以外でも大丈夫です。ソフトバンクオンラインショップでiTunes コードを購入する際に、「ギフトとして贈る」を選択して、家族や友人のEメールアドレスを入力することで贈ることができます。贈ることができるのは、ソフトバンクユーザーのみなのですが、受け取ることができるのはソフトバンクユーザー以外でもメールアドレスさえ持っていれば可能となります。このiTunes コードを使えば、iTunes Store、iBookstore、App Store、または Mac App Store から、ミュージック、映画、ゲーム、App などをはじめとする様々なコンテンツをダウンロードすることができます。iPod、iPad、iPhone などのデバイス、または Mac、Windowsコンピュータからアクセスができるのです。これからのクリスマスシーズンにちょっとした友人に贈ることができるので白熱しそうですね。